ブログ内キーワード検索


鶴弥屋根工事店お客様口コミアンケート 半田市S様【屋根工事】

 

こんにちは、鶴弥屋根工事店です。

今日はお客様の口コミアンケートをご紹介します。
実際に当店で屋根工事を発注されたお客様からのリアルな評判です
知多半島で屋根リフォーム・屋根工事をご検討の方はご覧ください。

お施主様:S様(60~70代男性)
場所:半田市
工事内容:屋根工事(屋根平部コーキング固定、破損瓦差し替え、鬼瓦・鬼巻漆喰、下り棟伏せ直し)

◆工事内容について 
続きを読む 0 コメント

破風板・鼻隠しの板金工事+雨どい交換工事

こんにちは。

鶴弥屋根工事店 工事担当の加藤です。

 

今回の工事ブログは屋根工事ではなく、

破風板・鼻隠しの板金工事+雨どい交換工事になります。

 

知多半島地域のお客様で、破風板と鼻隠しの塗膜のはがれを気にされて、この度工事依頼をいただきました。

耐久性の良いガルバリウム鋼板でカバーをする形で、綺麗に蘇りました!

 

雨どいはパナソニック製の商品を採用させていただきました。

 

 

屋根工事に限らず、外壁塗装、雨樋交換なども賜ります。

もちろん、屋根の軽量化、耐震、雨漏り、修理などもお気軽にお問合せください!

 

続きを読む 0 コメント

【クールベーシック】遮熱瓦

こんにちわ、鶴弥の廣田です。

 

6月に入り、梅雨入りが間近になりつつあります東海地方です。

 

先週のサマースノーに続きまして、今週はクールベーシック遮熱瓦をご紹介したいと思います。

 

屋根材として最も好まれる色は、落ち着いた色調の黒色や茶色ですが、 その一方で最も太陽からの光を吸収してしまう色です。

“クールベーシック”遮熱瓦は太陽光に含まれる赤外線を選択的に反射させることによって、 黒色や茶色でも屋根を通過する熱を低減させることにより、室内温度の上昇を防ぎます。

 

要注意なのが『遮熱瓦』の表記がない色だからと言って必ずしも反射率が低いわけではありません!! 

 ※瓦の色で迷われいるお客様は好きな色が1番ですが、弊社へお問い合わせ下さい。

 

続きを読む 0 コメント

新たな仲間!

初めまして。

鶴弥屋根工事店 工事担当の水嵜です。

 

4月より業務部から異動になり勉強の毎日です。

6月からは新築工事の担当をさせて頂き、屋根職人さんと共に安全で円滑な工事を心掛け

頑張っていきます。

 

 

突然ではありますが、

これからの暑い季節に遮熱瓦は、いかがですか!?

年々、夏の温度が上昇しております。

屋根を涼しくしませんか??

 

サマースノーは受注生産品の為、納期が少しかかりますが、ご確認ください。

お問い合わせ先:0569-29-4999(鶴弥営業部)

続きを読む 0 コメント

梅雨入り

鶴弥工事の田中です。

 

5月も中旬を過ぎ、沖縄・奄美方面では梅雨入りしましたね。

東海地方も梅雨入りとなる前に、屋根点検はいかがですか?

 

現在、鶴弥工事部では外装リフォームの現場を施工中です。

その現場ではスレート屋根をカバーするCFシングル屋根材や雨樋交換工事をしています。

今回、軒樋交換には元旦ビューティ工業㈱様の「元旦内樋」を採用させていただきました。

リフォームに限らず新築にも使える屋根と一体化する雨樋、ぜひご検討ください。(カタログ添付)

 

当社では屋根点検を無料で調査しております。

ご遠慮なくお問い合わせください。

 

お問い合わせ先:0569-29-4999(鶴弥営業部)

続きを読む 0 コメント

内窓リフォーム「YKKAP」

こんにちは、鶴弥の永谷です。

 

梅雨の走りに濡れた緑も鮮やかな今日この頃いかがお過ごしでしょうか。

 

先日、我が家に取りつけた内窓リフォームのお話です。

 

私の自宅は築46年で窓サッシは一重ガラスです。

冬の結露対策、暖房の効きを期待して設置をしました。

使用した内窓はYKKAPのプラマードU Low₋E複層ガラスでガス入、5部屋の8箇所に取りつけました。

 

一番期待した断熱性向上と結露低減は4月上旬設置で寒冷期を過ぎ実感は有りません。

遮音に関してはかなり効果が有り「雑音」が少なくなりました。

次いで夏場のエアコンの効きを期待しています。

(私の次回のブログでは夏を過ぎた頃のエアコンの効き、冷房効果をお伝えしたいと思います)

 

その一方で使いにくい部分もあり、窓の開け閉めに手間が二重にかかること、内窓を完全に開けないと

外側サッシの鍵が開けられず、朝夕の雨戸の開け閉めはめんどくさいです。(写真を添付)

 

その他、家族全員の意見として内窓位のことですが、窓まわりが綺麗に一新してイメージが変わったことと、

静けさが得られたことが一番良かったことです。

 

 

 

 ※次回の出張相談会は7月を予定しております。

続きを読む 0 コメント

出張相談会開催!5月12日

こんにちわ、鶴弥の廣田です。

  

出張相談会を5/12(日)アイプラザ半田1階にて開催いたします。

屋根リフォームでお悩みのお客様、お出かけついでにお立ち寄りください。

 

会場では屋根材や工事中の写真パネル等、展示品もご用意しております。

ご来場をお待ちしております。

続きを読む 0 コメント

鶴弥屋根工事店お客様口コミアンケート 南知多町H様【外装工事】

 

こんにちは、鶴弥屋根工事店の廣田です。

今日はお客様の口コミアンケートをご紹介します。
実際に当店で屋根工事を発注されたお客様からのリアルな評判です
知多半島で屋根リフォーム・屋根工事をご検討の方はご覧ください。

お施主様:H様(60~70代男性)
場所:南知多町
工事内容:外装工事(屋根葺き替え、外壁塗装、雨樋交換)

◆工事内容について 
続きを読む 0 コメント

石川県輪島市へ

鶴弥屋根工事店 久保です。

 

先日、石川県輪島市へ復興住宅物件の瓦工事現場に行ってきました。

 

現地の屋根屋さんが災害修理で手が回らないため、当社へ依頼がきまして応援工事となります。

 

復興住宅には、和瓦(防災瓦エース)ブラック色を採用いただきました。

https://www.try110.com/product/kawara/ace/ブラック色(弊社HP施工事例)

 

車で知多半島から片道5時間半近くかけて現場に向かいました。

 

途中で道路に大きな亀裂が入っているところや片側1車線が車ぐらいある大きな石で通行止めになっているなど、まだまだ危険な箇所が所々ある状況でした。

 

能登半島に入り、輪島市に近づくにつれて屋根のブルーシートが目立つようになってきました。

 

建物も古い家が多く、瓦もおそらく昔の瓦であり、防災瓦ではないものだと思われますが、屋根から落ちていたり、棟部(屋根のてっぺん部)が崩れている状況でした。

 

地震の激しさを感じる光景でした。(写真は控えます)

 

 

もし、知多半島でも同じような地震が来たらこれに近い状況が想定されます。

 

ぜひ、地震が来る前に屋根の防災瓦工事と建物の耐震補強を早めに実施して頂くことをおすすめします。

 

災害が起こってしまうと、屋根職人さん、屋根工事店さんはパンクしてしてしまいます。

 

屋根修理、屋根工事が場合によっては、1年、2年もしくは、3年ぐらいかかるケースもあります。

 

今の瓦屋根は防災瓦になっておりますので、地震、台風でくずれない、飛ばない瓦となっております。

 

  

私の自宅でも工事実績があります。(ビフォーアフター写真添付します)

 

平部は問題なかったので、棟部だけ(屋根のてっぺん)の耐震工事を行いました。

 

高く積んでいるのし瓦をとって、崩れにくい7寸丸瓦に交換しました。軽量化にもなり、オススメです!

 

このように瓦の葺き替え工事だけだはなく、棟部の耐震工事をするだけでも効果はあると思いますので、

 

ぜひ鶴弥屋根工事店へご相談下さい。

  

続きを読む 0 コメント

出張相談会開催!その後

こんにちわ!

鶴弥屋根工事店 工事担当の加藤です。

 

4/14(日)アイプラザ半田にて屋根リフォーム相談会を開催しました。

瓦や金属屋根材など、来場者の方々に実際に触れていただくことができました。

屋根リフォームの必要性や屋根材の特徴について理解を深めていただけていたら幸いです。

ご来場いただきありがとうございました。

 

普段はあまり意識しない屋根ですが、とても重要な部分になります。

今後も屋根リフォーム相談会を通して発信をしていきたいです。

 

次回は2024年5月12日(日)アイプラザ半田にて開催予定(仮)です!

また決定しましたら改めてご案内をさせていただきます。

 

屋根の軽量化、耐震、雨漏り、修理など、お気軽にお問合せください。
続きを読む 2 コメント

出張相談会開催!

こんにちは、鶴弥の廣田です。

咲き誇っていた桜も葉桜へなりつつある今日この頃、皆様はどうお過ごしですか。

 

今回は4/14(日)アイプラザ半田1階にて出張相談会を開催いたします。

屋根・外壁塗装リフォームでお悩みのお客様、お出かけついでにお気軽にお立ち寄りください。

 

会場では屋根材や工事工程の写真パネル等、展示品もご用意しております。

ご来場をお待ちしております。

続きを読む 0 コメント

有名な建築家周防貴之さんが鶴弥のイベントに登壇してくれます!

 

こんにちは!鶴弥の牧野です。

 

実は鶴弥では瓦についての様々な思考を広く考えてもらう場としてWEBマガジン「ヒトツチ」を開設しました。

ヒトツチはコチラ ⇒ https://hitotsuchi.media/

 

開設時の昨年2023年10月16日には建築家兼陶芸家の奈良祐希さんをお呼びして初のトークイベントを行いましたが、今回周防貴之さんをお迎えして第2回目のトークイベントを行うことになりました。

香川県高松市にある交流拠点施設「やしまーる」が周防さんの代表的な建築物の一つとしてあります。「やしまーる」は、屋島の地形の起伏を活かした設計で自然との一体感があり、屋内空間と屋外空間、周辺環境を統合することで、屋外の広場を含めた敷地全体が「一つの建築」となる施設です。

今回のイベントも「地形としての建築」をテーマとしています。

開催場所が東京なのでなかなか行くのは難しいかなと思うのですが、オンラインで同時配信を行いますので

建築やアートに興味のある方はぜひご参加ください。私もオンラインで参加します☆彡楽しみぃ~♪

参加申し込みはコチラ ⇒ https://hitotsuchi-takashi-suo.peatix.com/

 

※奈良祐希さん登壇のトークイベント「EARTHEN:火と土の建築」もアーカイブ動画が準備できましたらブログ更新します!

続きを読む 0 コメント

チョコ色の屋根

 

こんにちは!鶴弥の牧野です。

 

明日はバレンタインデーですね♥

日本では女性から男性にチョコを贈るのが多いかと思いますが、反対に男性が女性に贈る国も海外では多くあるようです。

男性が女性にチョコを贈る、今年はいつもと違う年にしてみてはいかがでしょうか☆?

 

さて、バレンタインデーにちなんでチョコ色の屋根をご紹介します。

 

↓防災和瓦エース スーパーブラウンのお家です。↓

続きを読む 0 コメント

地震に備える!まずは屋根から★

 

こんにちは!鶴弥の牧野です。

 

新年早々、震度7の地震が石川県能登半島で起きました。

突然の携帯のアラーム(緊急地震速報)にオロオロすることしかできなかった私とは違い、

即座に机の下に潜り込んだ長男には感心しました。日頃の訓練・備えは大事だなと、痛感しました。

 

残念ながらどこかでなにか起きないと、“備え”について考えない方が多数かと思います。

実際に今回の地震により私は家族と話し合ったり、備蓄を見直したり、蓄電池を検討したりと、

“なにかが起こってから”行動したタイプです。

 

そこで、今回がいい機会かなと感じるのが、

①『瓦屋根の葺き替え工事』

②『棟の軽量化工事』

③『耐震診断』及び『耐震改修』

です。

 

ひとつづつ紹介していきます。

 

続きを読む 0 コメント

阿久比ショールームでご相談承ります

 

こんにちは鶴弥の永谷です。

大寒を迎え いよいよ冬将軍の到来でございます 皆様 お風邪などめされていらっしゃいませんか。

 

今回は当社ショールームについてです。

当社の阿久比工場の一角にはショールームが設けられており平板瓦、和瓦、美軽屋根材、陶板壁材、また当社の沿革、瓦の歴史などを紹介しております。

 

今年も洋風色と和風色が新たにラインナップされました。

 

先日私は新色の平板瓦を展示台に取りつけてまいりました。

洋風色はトスティブラウンで、10月31日にリリースした平板瓦スマートの純いぶしも展示台に取り付けました。

 

住宅を新築、改築される方はぜひ当社防災瓦をご覧ください。

阿久比ショールーム見学は予約制です。

 

ご連絡お待ちしております。

続きを読む 0 コメント

寒さに負けず、安全に屋根工事しています。

 

こんにちは!鶴弥の牧野です。

 

今日からだいぶ冷え込むようで、明日にはここら辺知多半島でも雪が降りそうですね。

そんな寒く、風も強いさなか、今日も安全に現場作業進めています!

 

↓今日の現場。寒いと朝霜が降り作業ができないので、ブルーシートで養生。風対策もバッチリです!

続きを読む 0 コメント

あけましておめでとうございます★

 

こんにちは!鶴弥の牧野です。

 

あけましておめでとうございます。

今日から鶴弥屋根工事、元気に営業してまいります!!

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

続きを読む 0 コメント

新発売!!鋼板屋根材シングルCF

 

 

こんにちは鶴弥の永谷です。

 

寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

今日は弊社より新しく販売いたします鋼板屋根材シングルCFの紹介です。

 

→シングルCFのホームページはコチラ 

 

シングルCF

1枚の長さ   1,260㎜

1枚の働き幅   370㎜

1㎡当たりの枚数 2.2枚

1㎡当たりの重量 6.4㎏

最低勾配     1.7寸

板厚           0.39㎜

色        黒・茶

不燃認定番号   NE‐0056

 

 

基材の鋼板は0.39㎜厚みのガルバリウム鋼板の表面に天然石粒を焼き付け塗装しています。

個人的に鋼板のみの屋根材より石付きの鋼板のほうが見た目のゴージャス感が絶対に良いと思います。

 

鋼板のみの屋根材の場合は紫外線で表面塗装が経年劣化と共に薄くなり色あせる点が気になります。

 

 

新築以外にスレート屋根材のカバー工法にも使用できます。

 

是非とも瓦・スレート屋根工事は鶴弥にご相談ください。鶴弥自社工事で行っています。

 

 

 

 

添付の写真は私がシングルCFをサンプル用にカットしています。

ディスクグラインダーで鋼板用切断砥石を使用してカットしていますが切断後は表面の鉄粉を必ず除去します。カットした感想ですが良く切れました、ただ刃の減りは早く100回カット(1カット/400㎜)でΦ100厚み1㎜の刃を8枚使用しました。(1枚180円位)

見本を見たい方はいつでもご連絡ください!

 

※現場でのカットは原則ハサミ又は押し切りです。

続きを読む 0 コメント

リフォーム事例を一挙紹介★その②★

 

こんにちは!

鶴弥の牧野です。

 

先日のリフォーム事例第2弾!いろいろと工事メニューがあるので、メニュー別にご紹介しています。

 

 

 

続きを読む 0 コメント

リフォーム事例を一挙紹介★その①★

 

こんにちは!

鶴弥の牧野です。

 

先日の阿久比産業まつりのためにいろいろと資料を整理していて・・・

皆さんにご紹介できるリフォーム事例が多くあったので、今日はこの場でご紹介!

 

 

続きを読む 0 コメント

阿久比産業まつりのご報告

 こんにちは鶴弥の永谷です。

 

寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は11月18・19日に開催された阿久比産業まつりについて。

 

弊社も今回出店することとなりましたが、前日が雨で当日は北西風が強く少し寒く感じました。

 

今回の展示物は瓦引っ張り台とスレート屋根材のリフォーム材CFシングルの展示台、その他当社主力販売の平板瓦を展示いたしました。

 

出展に先立ち新聞に折り込みチラシを配布して当社の雨漏り相談、屋根瓦のリフォーム相談や、日頃行っている現地調査案内、見積もりなど対応させていただき来場者の相談を承りました。

 

弊社として今回の産業祭り出店はコロナ禍の影響もあり久しぶりの出店でしたが、とても有意義でした。

 

ご来場ありがとうございました。

 

是非とも瓦・スレート屋根工事は鶴弥にご相談ください。鶴弥自社工事で行っています。

続きを読む 0 コメント

明日からCACで鶴弥のCMが流れます!!

 

こんにちは!鶴弥の牧野です。

 

日々いろんなご縁があり・・・

今回は半田市・阿久比町・武豊町(一部)をエリアとしたケーブルテレビ局さんのCMをやらせていただくことになりました。

 

👇こんな動画👇

続きを読む 0 コメント

ご来場のお礼 阿久比産業まつり

 

こんにちは鶴弥の牧野です。

先週末の11月18日・19日(土・日)に開催された、阿久比産業まつりが無事終了しました★

土曜日は雨上がりで風が強く寒く、出足が鈍かったのですが

日曜日は晴れて暖かく、おかげさまで多くの方にブースに立ち寄っていただくことができました。ありがとうございました。

 

 

続きを読む 0 コメント

瓦の屋根ってどうやってできるの? ~新築と屋根~

こんにちは。鶴弥の牧野です。

 

以前、愛知県岡崎市で住宅新築の屋根工事をお手伝いさせて頂いておりました。

この度は弊社製品のご採用と工事依頼を頂いた、施主様・工務店様、ありがとうございます!

屋根工事はもう完了していますが、

KAWALIFEの特集ページ「瓦の屋根ってどうやってできるの?」として一部始終密着しましたので、

今回この場をお借りして、ぜひ皆様にもご紹介します♪

 

※KAWALIFEは新築をご検討の皆様に向けた鶴弥の屋根カタログです。

 今回の「瓦の屋根ってどうやってできるの?」に加え、実際のお声を集めた「瓦の屋根の家に住んでみたクチコミ」を掲載しいていますので

 新築ではない方もよろしければ一度資料請求してみてください。【資料請求はコチラ

 

 

👇屋根の工事は、建て方が終わった後、すぐにスタートします👇

続きを読む 0 コメント

暖かく住み心地の良い瓦の屋根! ~瓦の断熱性・保温性で快適に~

 

こんにちは。鶴弥の牧野です。

 

まだ日中お日様が出ている間は暖かいものの、一雨ごとに寒くなってきてすっかり冬を近くに感じますね。

朝晩は随分と冷えるので、お身体にご自愛ください。

これからもっと寒くなると思うと…想像するだけで寒いですね!

 

 

長く寒い冬を少しでもお家で暖かく過ごす、

今日は瓦屋根の断熱性についてお話しします。

  

続きを読む 0 コメント

【出張屋根相談会】阿久比産業まつりに出展します!

 

こんにちは鶴弥の牧野です。

先日ははんだのオープンファクトリーの工場見学会場で屋根のリフォーム相談会を開催しました。

 

今回は、阿久比で開催される産業まつりに出張して屋根相談会のお知らせです!!

『阿久比産業まつり』(本サイトはコチラ⇒https://www.town.agui.lg.jp/contents_detail.php?co=new&frmId=7049

場所:

日時:11月18日(土)9:30-15:00

   11月19日(日)9:30-14:00

 

なんと花苗が配られていたり、みかんのつかみ取りだったり、お米計量チャレンジが開催されていたりと

楽しそうな催しが盛りだくさんなので、遊び感覚♪でお気軽にお越しください。

 

ちなみに今回ご来場いただき現調・見積依頼いただいた方には先着5名様にミスタードーナッツのギフト券1,000円分を贈呈します。

今回のチャンスをお見逃しなく!

 

続きを読む 0 コメント

鶴弥のCMがテレビで紹介されました!!

 

こんにちは!

鶴弥の牧野です。

 

昨日夜、テレビを何気なく見ていたら・・・

なんか、見覚えのあるCMが流れてきて・・・

 

↓これです↓

続きを読む 0 コメント

ご来場のお礼【はんだオープンファクトリー】

 

こんにちは鶴弥の牧野です。

昨日13日(金)、14日(土)ではんだオープンファクトリーが開催され、多くの方にご来場いただきました。

ありがとうございました。

 

続きを読む 0 コメント

はんだオープンファクトリー(屋根リフォーム相談会)ついに明日です!

 

こんにちは鶴弥の牧野です。

ホーム画面でもお知らせしています

はんだオープンファクトリーがいよいよ開催となります!!

 

工場見学、ミニ鬼瓦作り体験(コースター絵付けもあるよ★)、屋根リフォーム相談会、ショールーム開放です!

もちろんリフォームだけでなく、新築の屋根選びにお悩みの方も是非、相談に乗りますよ♪

 

半田ですが、鶴弥は阿久比工場が会場になるのでご注意ください!

 

続きを読む 0 コメント

ポスティングしております!②

 こんにちは鶴弥の永谷です。

秋気さわやかな季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 

 

前回に続いてチラシのポスティングを紹介します。

投函しているチラシの内容は、瓦屋根の軽量化、雨漏り修理、スレート屋根のカバー工法などです。

 

投函する家がリフォームに該当している事を前提に行っています。

例えば・・・

瓦屋根で土葺き工法と思われるお宅には「葺き替えオススメ☆」をチラシと一緒に、

スレート屋根でカバー工法をお勧めできる家には「メンテナンスおすすめ☆」をチラシと一緒に投函しています。

 

 

「葺き替えオススメ☆」             「メンテナンスおすすめ☆」

   

 

 

前回のブログでも書きましたがチラシ投函はご遠慮くださいと記載されている方には投函しませんが、この投函禁止の文字が小さく、さらに日焼けして字が薄くポストをよく確認しないといけません。実際ポストにはいろんなシールや案内が記載されています。投函しそうで思いなおすことも度々です。

 

 

【鶴弥のオススメ屋根 リフォーム工事メニュー】

★古い耐震性の低い瓦屋根住宅では条件によって瓦屋根の葺き替え工事プラス耐震補強で100万円の補助金が利用可能です。

(詳しくはご相談ください)

★スレート屋根は一度塗装工事を行っても数年先にまた塗装工事時期がやってきます。初回塗装工事を行うなら製品保証30年のレコルーフがお勧めです。

 

 

瓦工事もスレート工事も施工は鶴弥自社工事で行っています。

 

 

是非とも瓦・スレート屋根工事は鶴弥にご相談ください。

続きを読む 0 コメント

鶴弥屋根工事店お客様口コミアンケート 阿久比町K様【屋根補修工事】

 

こんにちは。
鶴弥の牧野です。

今日はお客様の口コミアンケートをご紹介します。
実際に当店で屋根工事を発注されたお客様からのリアルな評判です
知多半島で屋根リフォーム・屋根工事をご検討の方はご覧ください。

お施主様:K様(60~70代女性)
場所:阿久比町
工事内容:屋根補修工事
続きを読む 0 コメント

屋根リフォーム相談会開催します!!!

 

こんにちは鶴弥の牧野です。

突然ですが・・・

屋根リフォーム相談会を開催することが決定しました!

 

なかなか皆さんと直接お話しする機会はないなぁと日常悶々としておりましたが、

今回半田市主催のオープンファクトリーに出展することになりまして、

それと抱き合わせで『屋根リフォーム相談会』が開催できることになりました!!!

 

当日は『屋根リフォーム相談会』はもちろんいつでも受付(予約不要)なのですが、

 ☆工場見学(10:30~、13:30~の1日2回、所要40分程度)※小学生以下の方は残念ですが参加できません(´;ω;`)

 ☆鬼瓦作り体験 ※整理券を配布します、こちらは小学生の方でも未就学の方でも参加OKです♪

 ☆ショールーム開放

も実施していますので、遊び感覚♪でお気軽にお越しください。

 

ガイドライン工法の義務化のことや補助金のこと、なんでももろもろお悩みにお答えします♪

たくさんの方のご来場、お待ちしています!!

 

 オープンファクトリーに関してはコチラ★

 

開催日:2023年10月13日(金)、14日(土)

時間 :9:00-12:00、13:00-17:00 ※12:00-13:00は休憩時間となります

場所 :㈱鶴弥 阿久比工場 (住所 愛知県知多郡阿久比町西の台矢高1-1 、電話番号 0569-49-0551)

※本件に関するお問い合わせは お問い合わせフォーム 、または総務部 0569-29-7311 までお願いします。

続きを読む 0 コメント

屋根工事 in常滑市

 

こんにちは!

鶴弥の牧野です。

 

さて、今日もジャンジャン紹介します。屋根のリフォーム工事の現場!!!

今回は 常滑市の現場を覗いていきます👀 

 

葺き替え工事をしています【in常滑市】

今回のお宅は雨漏りがしていたようで、それをきっかけにご相談をいただきました。

今載っているのは金属屋根材でしょうか?そちらを取っ払って

レコルーフに葺き替えていきます。

通常レコルーフは既存の屋根材(化粧スレート)の上にそのまま留め付けていくのが一般的なのですが

もちろん屋根材として単体でもお使いいただけるので、今回はレコルーフでの葺き替えをご提案させていただきました。

だいたい葺き替えというと、いつも瓦への葺き替えをご提案するのですが、『軽量化』の観点から今回はレコルーフになった次第です。

 

<工事の流れ>

既存屋根材の撤去→野地板・下地の補強→ルーフィング(2次防水材)施工→レコルーフの施工→完成☆彡

 

 

まだ現在進行中なので完成写真はないですが・・・ 

↓↓ こんな感じ ↓↓

続きを読む 0 コメント

ポスティングしております!

 

こんにちは鶴弥の永谷です。

残暑が続く中いかがお過ごしですか?

 

 今日は私が平日午前に実施している当社チラシのポスティングを紹介いたします。

 

投函しているチラシの内容は、瓦屋根の軽量化、雨漏り修理、スレート屋根のカバー工法などです。

瓦屋根の緊結方法が令和4年1月1日から強化され、原則として全ての瓦を下地躯体に留め付けることとして国土交通省より基準が改正されました。

東海地方では古くから土葺き工法で瓦屋根が施工され、平成7年の阪神淡路大震災では土葺き工法の重い瓦屋根の多くの住宅が倒壊したこともあり、この地震以降少しずつ土葺き工法から釘打ち工法へ移行してきました。しかし当時は釘の留め付けも少なく2枚置きなども普通でした。

今回の改正で全ての瓦を下地躯体に留め付けることで瓦屋根の防災性は大きく向上します。

 

チラシ投函は注意して行っております。チラシ投函はご遠慮くださいと記載されている方には投函しません。

 

詳しくはお問い合わせください。

続きを読む 0 コメント

NHKでガイドライン工法や防災瓦が紹介されました

 

こんにちは!

鶴弥の牧野です。

 

2023年8月27日のNHK「明日をまもるナビ」で

『台風の“風”による災害に備えよう!』という内容が放送されました。

 

番組では風の威力や、風の脅威と合わせて

「台風の“風”から暮らしを守る取り組みとは?」という内容でガイドライン工法防災瓦が紹介されました。

 

【ガイドライン工法とは】

そもそもは瓦は土で固定する土葺きが主流(1980年ごろまで)だったのが、

「釘やねじを使ってしっかり瓦を留め付けてね」と2001年設定されたもので

2019年台風15号で効果の有効性を証明されたことにより2022年に法制化されたものです。

 

ガイドラインのものとそうでないもので比較映像があまりにも衝撃だったので紹介します!

 

 

ゲストの厚切りジェイソンさんも

「(風速43m/sの風を当てても動かない瓦を見て)地味な映像ですね!」

「なんにも動きないですね!!」「NOビク(ともしない)!!!」と驚愕していたほど笑

 

※画像はNHK様HPよりお借りしました。

https://www.nhk.or.jp/ashitanavi/article/16026.html

続きを読む 0 コメント

工事が完工しました in阿久比町

 

こんにちは!

鶴弥の牧野です。

 

先日ご紹介した『工事現場 in阿久比町』、この度工事が完工しましたお写真だけ掲載させていただきます。

 

 

↓↓ ★物件はこんな感じに仕上がりました☆ ↓↓

続きを読む 0 コメント

雨ですね☔

 

こんにちは!

鶴弥の牧野です。

 

雨の今日は

特注色なので納期・金額がかかってしまいますが、

ピンクでかわいい瓦のご紹介♪

 

雨で空がどんよりしているときは、明るい色の瓦を見て、気分を上げていきましょう♪

続きを読む 0 コメント

屋根の修理、お任せください!~知多半島・西三河・名古屋市南部~

 

こんにちは!

鶴弥の牧野です。

 

鶴弥では昨年度ぐらいから新聞折込をさせてもらっている関係で、連日様々なお問合せをいただきます。ありがとうございます!

今日はいつもお電話いただく『きっかけ』に関してお届けします。

 

やっぱり多いのが・・・

「雨漏りしたので、見てほしい・・・」緊急性を要するものですね!パシュっと加藤が駆けつけます。

雨漏りって原因を特定しにくいものなのですが、

どうにもこうにもらちが明かない場合は水をかけながらの調査になるようです!

 

>>詳しくは、ブログ「雨漏りの原因究明に in 知多市」より

 

 

その次には

「瓦なんだけど防災化したくて・・・」とか、「スレートが色落ちしたので塗装したい」など、ご自身ですでに何をしたいかのご希望のある問い合わせです!!

この業界で働いていて思うのが、皆さん屋根に関する知識がすごい!ということ。

まず屋根に何が載っているかを知ってらっしゃる時点ですごいなと思います。

 

その他

「他の業者に屋根がズレているけど見てほしい」「もう他に頼んじゃったんだけど見てもらえる」など。

皆様が不安に思われていることには加藤が真摯に向き合いますので、いつもでご相談ください。

 

 

こんな感じでいつも過ごしています☆

こんな内容で電話してもいいのかな?等悩まずに、いつでもご連絡・ご相談ください。

 

 

なお祝日は営業していますが、土・日はお休みさせてもらっています。

そういったときにはお問合せフォームが便利です。

 

→コチラ「お問合せフォーム」

 

 

 

屋根の修理は鶴弥にお任せあれぇ~!

続きを読む 0 コメント

工事現場 in阿久比町&知多市

 

こんにちは!

鶴弥の牧野です。

 

さて、当社は明日からお休みとなりますが、

今日も元気に現場は動いています!!

ということで、今日は工事の様子を特別に2か所ご紹介しちゃいます☆

 

【in阿久比町】屋根を直しています

コチラのお家は7月にも一部工事をさせていただいたお宅です。

足場がかかっているうちに!ということで追加で工事をご依頼いただきました。ありがとうございます。

今回は屋根の補修です。

雨漏りをブルーシートで養生していたようですが、養生がもう劣化してボロボロになってしまっているので

とっぱらって、ついでに野地板もろとも新品にしてしまおう!という工事です。

 

<工事の流れ>

既存瓦の撤去→野地板・下地の補強→ルーフィング(2次防水材)施工→瓦の施工→棟部の施工→完成☆彡

 

 

まだ現在進行中なので完成写真はないですが・・・ 

↓↓ こんな感じ ↓↓

続きを読む 0 コメント

防災瓦とは?強さを体験できるショールーム

 

こんにちは!

鶴弥の牧野です。

 

みなさん、突然ですが・・・

鶴弥の瓦は全て防災瓦で、瓦同士がかみ合う構造だから強いのです!!!

 

といってもなかなか伝わらないですよね??!

 

なので今日は強さを証明する動画を紹介しちゃいます。

風速50m/sでも飛ばない!!様子がばっちり見れます♪

続きを読む 0 コメント

棟のしっくい工事 in 半田市

 

こんにちは!

鶴弥の工事担当 加藤です。

 

猛暑が続き、かなり厳しい日々が続きますね。

皆さまも体調管理に注意をして、熱中症にならないように気をつけてください。

 

さて、現在は半田市にて屋根の棟漆喰工事をさせて頂いています。

棟の下の漆喰を撤去して、新規で漆喰を塗りこみます。

 

この夏場では瓦の表面もかなり高温になる為、一定時間同じ位置での作業態勢になる漆喰工事は、正直言って過酷そのもの。

瓦に触れていると火傷をしてしまうほどです。(瓦は断熱性が高いので室内温度は快適です)

 

今回は屋根に遮光シートを張り、日陰を確保する対策をしました。

この暑さでは集中力も低下して、品質にも影響することもあるでしょう・・

 

鶴弥屋根工事店は少しでも良い品質をお届けできるよう、安全面にも注力して取り組んでいきます。

 

屋根の修理等お気軽にお問合せ下さい!

続きを読む 0 コメント

棟工事 in 東浦町

 

こんにちは!

鶴弥の牧野です。

 

もう夏ですね💦暑い暑い💦💦子供は夏休みに入りましたが・・・

そんななかでも職人さんは頑張ってくれています💪暑いのにご苦労様です(´;ω;`)

 

本日もチラシを見てお電話いただいた方の物件をご紹介☆

雨漏りしているとのことでご相談いただきました。

 

今回は瓦屋根です。

やっぱり他の屋根材に比べてキレイ長持ちが特徴ですね☆自画自賛は置いといて・・・

なにやら棟の部分をコーキング工事をされたようで、おそらくそれが原因で雨漏れになったのではないかと・・・

※コーキング工事(一般的にはラバー工事と呼ばれるのでしょうか?)雨水が浸入しないようにと入り口をふさぐ工事です。同時に出口もふさいでしまうことになるうえ、抜本的な問題解決ではないので鶴弥屋根工事ではあまりオススメはしていません。

 

今回はこちらをやりかえることでご了承いただきました。

ちなみに、壁際も同様のコーキングがされているので、ここも同時に解消させていただきます。

ありがとうございます。

 

全てがダメ!悪徳だよ!!というわけではないですが、屋根は専門業者(有識者)も少なくサギられやすい部分です。

相見積もりだけでも・・・ぐらいの感覚でいいので、

屋根にお困りの際、他の業者にすぐに工事しないと危ないよ!!とか、訪問販売が来た!

という場合はぜひお声がけください。

 

屋根にまっしぐら130年の鶴弥、

入社から工事一筋の担当 加藤、にお任せください!

 

 知多半島で屋根工事といえば、ツ・ル・ヤ★です!!いつでもお気軽に!!

 

続きを読む 0 コメント

鶴弥屋根工事に足場垂れ幕登場!

 

こんにちは!

鶴弥の牧野です。

 

暑い日が続きます。くれぐれも熱中症!ご注意ください。水分補給は何よりも大事です!!!

 

そんな暑い中・・・

現場に足場垂れ幕を取り付けていただきました!!☺

 

線路わきのおうちですので電車からも見えるはず☆

通勤・通学で人の目にもつきやすい場所です☆

 

お見掛けした方は、あっ!このことね☆と心の中でいいねして下さい☺

 

 

知多半島で屋根工事といえば、ツ・ル・ヤ★です!!いつでもお気軽にご相談下さい!!

 

続きを読む 0 コメント

屋根のカバー工事 in 知多市

 

こんにちは!

鶴弥の牧野です。

 

急に雨が降ったり、かと思ったら晴れてたり、なかなか大気が不安定で天気に狂わされる毎日ですが・・・

そんななかでも職人さんは頑張ってくれています💪

 

今日はチラシを見てお電話いただいた知多の○○様邸、既存屋根がスレートなのですが、

雨漏りしているとのことでご相談いただきました。

 

スレート屋根のお施主様です。塗り替えはされているようで、目だった色落ちはないのですが

屋根面に上ってみると・・・落ちてはいないもののひび割れしていたり、釘が浮いていたりという状況が見られたので

カバー工事をご紹介しました★

ありがたいことに工事もご依頼いただき・・・

写真のように新しく生まれ変わった屋根をご提供することができました☺

この度はありがとうございました!!

 

色落ちは気づきやすいのでご相談いただくことが多いのですが、

その他にも上ってみないと気づかないひび割れや釘の浮もあるので、

特にスレート屋根にお住まいの方はご注意ください!!

 

ご不安の場合はお気軽にお問い合わせください!

 知多半島で屋根工事といえば、ツ・ル・ヤ★です!!いつでもお気軽に!!

 

続きを読む 0 コメント

【屋根葺き替え+耐震改修】約100万円の補助金を有効に活用しましょう!

 

どうも、こんにちは

鶴弥の牧野です。

 

今回は鶴弥屋根工事で使える補助金についてのご案内です。

※7月2日折込チラシの「条件によって、約100万円の補助金利用が可能」に関する補足記事になります★

 

ちなみに、必須条件として

「築42年以上(旧耐震の建物〔昭和56年5月31日以前に建築された〕)の木造住宅(戸建て・⻑屋及び共同住宅など)」

である必要がありますので、それに該当しない方には残念ですが・・・今回のブログは見ないでくださいm(__)m

 

ちなみにこちらの補助金「建築物の耐震化を促進する」ために国交省が支援している取り組みです。

 

皆さんもご存知の通り日本は地震大国で、約100年に1回のペースで大きな地震が発生しています。

また、南海トラフ大地震は「30年以内に発生する確率が高い」とも言われています。

ただ、実際に地震が来ないと・・・的な部分とか

高額だから・・・などの背景からなかなか耐震化が進まないのが現状で、

そこをなんとか!!と、補助金という形で後押ししてくれているのが今回ご案内するコチラの内容です。

その補助金もなんと100万と高額なので、それを使わない手はないですよね♪

 

補助金が使える条件としては

①前述の通り、築42年以上(旧耐震の建物〔昭和56年5月31日以前に建築された〕)の木造住宅(戸建て・⻑屋及び共同住宅など)

②在来軸組構法又は伝統構法

③耐震改修補助金をまだ利用したことがない方

 

といった感じになります。

 

まずは自治体の無料耐震診断を行う必要があるのですが、その部分から鶴弥ではサポートしていきますので

自分で動く必要はゼロ☆すべて鶴弥で補完させていただきますので

難しいことはわからない、補助金は使いたいけど申請が億劫だわ、という方にはもってこいです。

 

 

また、鶴弥屋根工事ではなるべくお客様に負担のかからない形での耐震化のご提案を行っています。

(NPO法人達人塾ネット〔名古屋工業大学開発の低コスト改修工事〕とのコラボ企画のため安価なご提案が可能です!)

また、半田市にお住まいの方は+40万円の補助金利用が可能なので!!!必見です!!!

 

 

あと2~3年ほどで補助金も打ち切りになると想定されます。

 

家を強く・安心にしたいお客様、

なんとなく不安・・・という方も

まず、鶴弥屋根工事店にご相談ください☺

続きを読む 0 コメント

工事チラシを折り込みました★

 

どうも、こんにちは

鶴弥の牧野です。

 

昨日7月2日にチラシを折り込みました。

いつも変わりばえしませんが、

今回は少し違って・・・!

耐震改修も受け付けます。

その関係で「条件によって、約100万円の補助金利用が可能」という文言を追加しています。

 

一応補足させていただきますと、

条件:

①築42年以上(旧耐震の建物〔昭和56年5月31日以前に建築された〕)の木造住宅(戸建て・⻑屋及び共同住宅など)

②在来軸組構法又は伝統構法

③耐震改修補助金をまだ利用したことがない方

 

といった感じになります。

あと2~3年ほどで補助金も打ち切りになると想定されます。

 

家を強く・安心にしたいお客様はどうぞ鶴弥屋根工事店にご相談ください☺

続きを読む 0 コメント

和瓦の葺き替え現場

 

こんにちは、牧野です。

 

今日は和瓦の葺き替え現場の紹介です。

 

屋根を新しくして、気分も新しく、夏を迎えます!

続きを読む 0 コメント

ラーメン食べたい♪ちゅるっちゅるっちゅるっ♪

 

こんにちは

鶴弥のラーメン大好き久保さんです。

 

今回は、工事ブログ・・・ではなく、おいしいラーメン編となります。

 

先日、名古屋へ用事があり、ランチはどこにしようかなと考えていました。

 

そうするとたまたま有名店 

 

「えびそば 緋彩(ひいろ)」さんを発見!

 

場所:名古屋市瑞穂区明前町13-19 堀田グリーンハイツ1F

 

 

雑誌で愛知県ラーメンランキング2位だった記憶があり、これは行くしかないと決めました。

 

 

おいしいラーメン屋さんあるあるですが、自動発売機でチケット購入。

 

初めてのお店は定番を食べるべきという考えがあり、「濃厚えびそば」が定番のようでしたので、

 

そちらを選択し、前の方がリゾットセットを選ばれていたので、マネしてしまいました。

 

写真を見て頂くとわかりますが、とにかく超濃厚、クリーミー、エビのいい香り。

 

超おすすめのラーメンです。

 

素敵なラーメンとの出会いに感動しました。

 

 

そして、次はリゾットタイム、スープを少しだけ残し定員さんに渡します。

 

チーズがいい具合に焦げていて、こちらもすごくおいしい!

 

量もちょうどいい量です。

 

幸せな時間を味わいました。

 

鶴弥本社近くの半田市、東浦町にもおいしいラーメン屋さんがありますので、

 

また発見できたらなあと思います。

 

 

もうすぐ梅雨シーズンに入ります。

 

雨漏れ等のご心配がある方は、鶴弥屋根工事店へご相談お願いします。

 

屋根のカバー工法もおすすめです。

続きを読む 0 コメント

自分でチェック!雨漏りしないために屋根を確認してみましょう。

 

こんにちは

鶴弥の牧野です。

 

先日このようなお問い合わせがありました。

「雨漏りしてからでは遅いと思うので、自分でも気づける雨漏りする屋根の特色とか、初期症状・兆候を教えてほしい。」

 

気にしたこともなかったのですが、

強い風が吹いたり、地震で強い揺れを感じたときなど

ちょっと屋根を見ていただくだけで雨漏りを初期段階で防げる!(ひいては補修にかかる工事費を安くあげれるかも!?)

っとハッとさせられたので、今日はご紹介します!

 ちなみに、今日は「粘土瓦」に限った内容ですので、悪しからず。。。

また、ご自身で屋根にのぼっての確認は危険です⚠

地上から屋根を見上げて、見える範囲での確認をお願いします。

 

【チェックポイント】

①棟瓦・袖瓦のビスの浮きはないか (危険度:小)

 棟瓦や袖瓦は、パッキン付きのねじで固定されています。

 もちろん屋外に露出しているので、紫外線や暑さの影響を受け、パッキンは劣化していきます。(耐用年数は約15年~ぐらいです。)

 すぐにドウコウなるわけではないですが、いずれ影響が出る可能性があるので

 なんとなく浮いてるなぁ、と思ったら要チェックです。

 

②漆喰(しっくい)の剥がれはないか (危険度:小~中)

 棟に見える、瓦下の漆喰。ポロポロ落ちてきていて、屋根の上に乗っていませんか?

 漆喰がはがれることで、中に浸水し、雨漏りの原因となるので

 要注意です!!

 

③瓦の大きなズレや割れはないか (危険度:中)

 地震の揺れや、台風の強風などで大きく瓦がずれていたり割れていたりする部分はありませんか?

 昔のお家だと、棟の下のカットした瓦の固定が十分でなかったりで

 経年で落ちてくるケースもありますので、

 要注意です!!

 

④棟の沈みはないか (危険度:大)

 築30年ぐらいの和瓦のお家だと、のし瓦がたくさん積んだ高い棟のお家が多いと思います。

 のし瓦をたくさん積んだ分の重さに耐えきれなくなって、下地が沈んでいく場合があるのだとか?!

 要チェックですね👆

 

⑤谷部で、一部変色していたり、落ち葉などが溜まっている箇所はないか (危険度:大)

 谷は雨が集中しやすいです。特に部分的に雨がポタポタ落ちるところは穴が開いたりしてしまうため 

 雨漏り直行です!!

 

 

※危険度は目安です。

 小:すぐに対応が必要なわけではないが、雨漏りに繋がるので注意

 中:雨漏りに繋がるので注意

 大:もうすでに雨漏りしてる?!屋根崩壊も近いかも?!

 

 

ちなみに、台風や地震による被害に関しては火災保険が適用されるケースがあるので

点検するタイミングとしておススメします。

 

もちろんご自身で見ていただくことも大事ですが、

なにか心配な点があればお伺いしますので

下記より、お気軽にご連絡ください!

私ではなく、屋根のプロがお伺いします!!!

※相談、見積もりは無料です☆

 

続きを読む 0 コメント

我家の太陽光発電を紹介します。

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の永谷です。

新緑の候、いかがお過ごしでしょうか。

 

今日は私の家の太陽光発電を紹介します!

設置:2010 年12 月(現在で設置から12 年と4 ヶ月経過)

設備:長州産業製3kW の単結晶

 

気になる現在の発電量ですが・・・

今のところ設備機器に異常は無く順調に発電しています。

というのも、12年経過するも年間3,852kWhも発電してくれています。

設置10 年間はFIT 期間中で売電金額が48 円/kWh でしたが

FIT 終了後は現在エネオスに10 円/kWh で売電中です。(現在令和5 年度売電単価は16 円/kWh です)

48 円で売電出来た頃は設置費用が高かったですが、現在は設置費用もかなり下がり売電金額16 円/kWh でも

10年で概ね設置費用が回収できそうです。

 

なお、

設置当初の2011 年と去年2022 年の発電と売電を比較表(発電量と金額)にしてみました。

発電量としては2011 年と比べると94.5%で下がっているように思いますが

対予想年間発電量(3346kWh、シュミレーショングラフ添付)から計算すると115%も発電できているので御の字です☺

 

 

現在は売電単価が安いため日中天気のいい日は自家消費で気兼ねなく使っています。

エアコンもつけて快適に過ごせるので、ぜひおススメです。

 

鶴弥では

屋根工事だけでなく、ソーラーの取り付けも行っています。

屋根の補修と合わせて太陽光の設置を検討してみてはいかがでしょうか☺

いまなら蓄電池も併せてご提案します!!!!

 

 

続きを読む 0 コメント

意外と白もいける!??

 

こんにちは。久保です。

 

先日ですが、愛知県三河の窯業展(東京ビックサイト)で弊社の防災瓦#スーパートライ110スマート が展示されました。

ブースにはミニチュア模型も一緒に飾られたのですが、

その屋根の色が、なんと「白」!!

 

一般的には、瓦の色は黒や銀、茶色が人気ですが、今回は「スノーホワイト」色をご採用いただきました。

 

今回の案件は「SHIZUKUCAFE」といって、mizuiro architectsの葛西瑞都さんの設計でカフェで採用されました。

 

こちらのスノーホワイト色は遮熱効果の高い色となっております。

 

これから暑い季節になってきますので、ぜひこちらのスノーホワイト色で屋根のリフォームはいかがでしょうか?

 

屋根を涼しくしましょう!

 

注意:サマースノーは受注生産となります。納期が少しかかりますので、ご注意ください。

続きを読む 0 コメント

現在、絶賛葺き替え作業中

どうもこんにちは、工事事務の牧野です。

 

いつも作業していただいている屋根職人さんとは

作業の経過確認や完了確認のため写真のやり取りをしています。

内容はわからないながらも、いつも圧巻の写真に目を奪われています。

そこで、今日は皆さんにもその絶景を共有したいと思います!!

屋根の上から見る瓦ってなかなか皆様にはなじみのない写真だと思うので☆

 

☺いつも施工、ありがとうございます。☺

 

 

 

 

ちなみに、写真のお家には鶴弥の防災和瓦エースの美銀色が使われています。

ご参考まで☆

鶴弥 防災和瓦エース は👈コチラから

 

続きを読む

陶板壁材スーパートライWallの差し替え

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の永谷です。

4月も後半になり春たけなわの好季節となりました。

 

今回は前回の陶板壁材スーパートライWall(以下Wall)の続きで、よくお客様からWallは破損したときに差し替えが可能か、質問を受けます。

差し替えは可能です。

そこで今回割れたWallの外し方と、差し込み方を紹介したいと思います。

Wallの外し方は、割って外す方法と丸鋸で切断して外す方法を説明します。

 

割って外す場合はWallの中央部分を横方向にたたいて割ります(写真1)。決して上下嵌合部分付近はたたかないようにしてください。

表面は簡単に割れて剥がれます。

次に残っている裏側を表側から、たたいて割りますが裏面に飛散防止材が施されており、Wallは割れますが飛散防止材が強力で簡単には剥がれません。中型のバールなどを差し込んで横方向にこじりながら外します(下地透湿防水シート損傷注意)。この時、上部のWallが外れてきますので注意してください。上部撤去後下部残りを抜き取ります。

次に丸鋸で切断して外す方法。中央付近に2個所横方向に丸鋸で切り込んで中央のWallを外します。上部のWallが落ちてこないようにビスで留めておきます。

(お客様の印象としては丸鋸で切断して外す方法、を推奨します。)

Wallが外れたら透湿防水シートの損傷があれば防水テープで補修します。

新たにWallを差し込み留め付ける位置にシール付きスペーサーを貼り付けておき(写真2)

次に新しいWallの加工を行います。留め付けビスコーススレッドΦ4.2㎜×65㎜用の穴とザグリ加工をします。下段の陶板の留め付け金具と干渉する部分はディスクグラインダー等で切り取ります。

加工後陶板を差し込みコーススレッドΦ4.2㎜×65㎜で留め付けます。

次にパテ処理、タッチアップで終了となります。

 

 

 

続きを読む 0 コメント

瓦&桜

 

こんにちは

鶴弥の牧野です。

 

今日から新年度ですね♪

そんな中、職人さんから素敵なサクラ写真をいただきました。

 

とてもきれいですね。

桜もですが、やはり瓦の屋根職人さんらしくしっかりと瓦も入れてくれています👏👏👏

 

 

屋根の一部が剥がれ落ちてる?!軒天にシミが!!?など

お困り事や不安材料ある方はなんでもご相談ください。

屋根工事だけでなく写真撮影も上手な(?)職人さんが

あなたの屋根に駆けつけます!

 

本年度もどうぞ、よろしくお願いいたします。

続きを読む 0 コメント

㈱鶴弥 陶板壁材「スーパートライWall」施工研修会開催

 

こんにちは

鶴弥の永谷です。

 

3月9日に本社にて陶板壁材「スーパートライWall」と屋根材「スーパートライ美軽」の施工研修会開催いたしました。

通常施工研修会はお客様の所に出向いて行っていますが、今回は工場見学も兼ねてお越しいただきました。

ありがとうございました。

陶板壁材は瓦と同じ自然素材の粘土を、

1,130℃の窯で焼き締めた、陶器の強さと美しさを持つ壁材です。

塗装による着色とは違い、高耐久で色落ちや劣化が起こりません。

 

研修会ではお客様から陶板1枚あたりは軽いので施工しやすい、また陶磁器用工具を使用すれば穴あけ切断も問題ない事を確認していただきました。

 

次回は陶板施工ポイントなどを解説したいと思います。

 

続きを読む 0 コメント

強いかぜによるめくれ?!今一度ご確認を!!

 

こんにちは

鶴弥の田中です。

 

春の暖かさを感じる今日この頃ですが、ある製造メーカー工場の屋根上にある、

板金で出来ている換気口?がめくれているのを見かけました。

 

2月に台風並みの風が強い日がありましたので、もしかしたらその時にめくれたのかな?と思います。

皆様も一度ご自宅の屋根がめくれていないか見てあげてください。

 

 

剥がれやめくれ、割れやしっくいの脱落を発見した方は

屋根の点検・調査に伺います!!

 

下記より、お気軽にご連絡ください!

 

続きを読む 0 コメント

安全管理の面で施工店表彰されました☆

 

 

こんにちは!

鶴弥の加藤です。

 

当ブログは個人の施主様に向けて屋根工事のご提案することを目的としているのですが、

実は鶴弥は多数の住宅会社様の屋根工事も請け負わせて頂いております。

 

そんな中、有難いことに某大手住宅会社様から施工店表彰を頂くことができました!

現場で活躍してくれている職人さんあっての表彰と自覚し、担当者として足を引っ張らないようにと気が引き締まる思いです。

これからも関わって下さる方々のお役に立てるよう取り組んで行きたいと思います。

 

また、個人で屋根に関してお悩みの方も、直接お問合せ頂ければ対応させて頂きます。

是非、鶴弥屋根工事店へお問合せください。

 

 

続きを読む 0 コメント

鶴弥屋根工事店お客様口コミアンケート 東浦町M様【カバー工法工事】

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の牧野です。

今日はお客様の口コミアンケートをご紹介します。
実際に当店で屋根工事を発注されたお客様からのリアルな評判です
知多半島で屋根リフォーム・屋根工事をご検討の方はご覧ください。

お施主様:M様(60~70代男性)
場所:知多半島
工事内容:屋根カバー工事

◆工事内容について 
続きを読む

鶴弥屋根工事店お客様口コミアンケート 半田市Y様【屋根漆喰補修・棟補強】

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の宮村です。

今日はお客様の口コミアンケートをご紹介します。
実際に当店で屋根工事を発注されたお客様からのリアルな評判です
知多半島で屋根リフォーム・屋根工事をご検討の方はご覧ください。

お施主様:Y様(40~50代男性)
場所:半田市
工事内容:屋根補修工事

◆工事内容について 
続きを読む 0 コメント

鶴弥屋根工事店お客様口コミアンケート 武豊町K様【土葺き和瓦→防災瓦スーパートライ110タイプ1】

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の宮村です。

今日はお客様の口コミアンケートをご紹介します。
実際に当店で屋根工事を発注されたお客様からのリアルな評判です
知多半島で屋根リフォーム・屋根工事をご検討の方はご覧ください。

お施主様:K様(60~70代男性)
場所:武豊町
工事内容:屋根葺き替え工事

◆工事内容について 
続きを読む

鶴弥屋根工事店お客様口コミアンケート 安城市S様【土葺き和瓦→防災瓦スーパートライ110タイプ1】

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の宮村です。

今日はお客様の口コミアンケートをご紹介します。
実際に当店で屋根工事を発注されたお客様からのリアルな評判です
知多半島で屋根リフォーム・屋根工事をご検討の方はご覧ください。

お施主様:S様(60~70代男性)
場所:安城市
工事内容:屋根葺き替え工事、外装塗装工事、雨樋交換

◆工事内容について 
続きを読む

鶴弥屋根工事店お客様口コミアンケート 美浜町H様【土葺き和瓦→防災J形瓦エース】

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の宮村です。

今日はお客様の口コミアンケートをご紹介します。
実際に当店で屋根工事を発注されたお客様からのリアルな評判です
知多半島で屋根リフォーム・屋根工事をご検討の方はご覧ください。

お施主様:H様(40~50代女性)
場所:美浜町
工事内容:屋根葺き替え工事

◆工事内容について 
続きを読む

屋根の漆喰はがれ修繕工事 in 半田市

 

こんにちは!

鶴弥屋根工事店の加藤です。

 

現在、半田市にて瓦屋根の漆喰修繕を担当させて頂いています。

既存の漆喰がボロボロと落ちてきて、下地の土が露出しそうな状況もあり、この度漆喰の塗り替えをすることとなりました。

 

それに合わせて、軒天工事・外壁塗装工事も請け負わせて頂くこととなりました。

職人さんの出入りも多くなるため、ご近隣様や安全にも配慮して、トラブルなく進めていければと思います。

完成に向け、職人さんたちと一丸になって進めてまいります。

 

小さな工事から承っておりますので、当ブログをご覧の皆さまもお気軽にお問い合わせください!

 

 

続きを読む

土葺き瓦→防災瓦へ屋根リフォーム in 美浜町

 

こんにちは!

鶴弥屋根工事店の加藤です。

 

知多郡美浜町にて葺き替え工事を請け負わせて頂きました。

土葺き工法から乾式防災工法への葺き替え工事です。

本工事のお客様のアンケートはこちらからご覧いただけます。

 

屋根解体中は、既存の屋根土が室内に落ちる可能性もある為、室内状況を確認して養生を行います。

 

シート養生に掃除機掛けと、こちらの作業も結構大変な作業ですが、しっかり清掃いたしました。

 

 

続きを読む

鶴弥屋根工事店お客様口コミアンケート③ 美浜町C様【土葺き和瓦→防災瓦スーパートライ110タイプ1】

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の宮村です。

今日はお客様の口コミアンケートをご紹介します。
実際に当店で屋根工事を発注されたお客様からのリアルな評判です
知多半島で屋根リフォーム・屋根工事をご検討の方はご覧ください。

お施主様:C様(60~70代男性)
場所:美浜町
工事内容:屋根葺き替え工事

◆工事内容について 
続きを読む

瓦屋根は空気層のおかげで内部結露が起こりにくい

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の宮村です。

 

先日は瓦屋根の断熱性についてご紹介しました。

「瓦は施工方法や素材そのものに空気層があり、この空気が断熱材のはたらきをするから冬暖かい」というお話でした。

 

冬といえばまず寒さ対策ですが、屋外との寒暖差による結露も気になりますよね…

今回は瓦屋根と結露についてお話しします。 

 

 

続きを読む

陶板壁材スーパートライWall 内装施工手順のご説明

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の永谷です。

 

11月も後半に入り朝晩は寒いぐらいになりました。

8日の皆既月食はご覧になりましたか。赤い月が神秘的に見えましたね。

 

さて今回は、陶板壁材スーパートライWallを内装材として使用する場合の施工手順を説明します。

元々は外装材として生まれた陶板ですが、室内でも使用でき、おしゃれなアクセントになるのでおススメです。

 

続きを読む

瓦屋根は空気のおかげで断熱性・保温性が高く暖かい!屋根断熱工事も

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の宮村です。

 

10月も半ばになり、肌寒い日、少し暑い日が交互にやってきますね。

体調崩しやすい時期ですのでお身体ご自愛ください。

そうして過ごしやすい秋が一瞬で過ぎ去ると…長く寒い冬がやってきます…!

日本の一戸建ては約9割が木造住宅だそうですが、

木造はマンションに多い鉄筋コンクリートに比べると隙間風が入りやすく、熱を保ちにくい性質があります。

 

長く寒い冬を少しでもお家で暖かく過ごす、瓦屋根の断熱性についてお話しします。

  

続きを読む

家庭菜園レタスが発芽しない!種を盗まれた?!

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の永谷です。

9月も後半ですがまだまだ暑いですね。

少し前ですが中秋の名月は観ましたか?月も綺麗でしたが木星の輝きが印象的でしたね!

 

今回のブログは自宅で野菜をプランター栽培している、私的な話です。

栽培種類はマスタード、レタス、チコリー、ホウレンソウ、小松菜、モロヘイヤ、ミニ大根、バジル、ピーマン、ヘチマなどを、「無農薬」で野菜造りを行っています。

少し驚いた話、私の栽培は種まきから行います。

 

続きを読む

鶴弥屋根工事店お客様口コミアンケート② あま市H様【瓦屋根修繕】

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の宮村です。

今日はお客様の口コミアンケートをご紹介します。
実際に当店で屋根工事を発注されたお客様からのリアルな評判です
知多半島で屋根リフォーム・屋根工事をご検討の方はご覧ください。

お施主様:H様(40~50代男性)
場所:あま市
工事内容:瓦屋根修繕工事

◆工事内容について 
続きを読む

陶板壁材スーパートライWallのご紹介

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の永谷です。

夏の猛暑も過ぎ幾分過ごしやすくなりましたね。

 

今日は弊社の陶板壁材(スーパートライWall)を紹介いたします。

実物件での施工例はこちらをご覧ください。

 

・外壁としても屋内壁材としても施工可能

・1810㎜×303㎜の大判サイズ

・厚みは20mm

・瓦と同じく粘土を焼成した焼き物の壁材で、色落ちしない

・重圧感と焼き物のぬくもり感をあわせもつ

・壁紙やプリント合板では味わえない、格調高い空間を演出できる

・特に無垢いぶし銀色は特別な落ち着きを感じる(施工例はこちら)

・抗菌・抗ウイルス製品シリーズもご用意

  

続きを読む

紫外線、暑さ、大雨…夏のダメージを受けた屋根は点検を

 

こんにちは。

鶴弥屋根工事店の宮村です。

 

夏になると毎年のように記録的豪雨・記録的猛暑の更新で、この異常気象が一体どこまで進むのか心配になります…

 

そして、目に入らない地味な場所、日々の生活の中で意識しない場所である「屋根」は最もその影響を受ける場所でもあります。

家のてっぺんにあり太陽の熱を一身にうける、そして熱い空気は軽く上へのぼる、大雨や台風にさらされる…

夏は屋根がダメージを受けやすい季節です。

 

 

続きを読む

屋根の大雨被害対策に。棟補強のご提案 in 東浦町

 

こんにちは!

鶴弥屋根工事店の加藤です。

 

最近は予想以上の大雨が多く、雨漏りに悩まれている方からのお問合せを頂き、対応に追われております。

問合せが多いことは有難いですが、雨漏りに悩まれている方を思うと複雑な気持ちになります。

 

さて、先日も雨漏り修繕を行ってまいりました。

東浦町にて、棟からの雨漏り案件です。

 

既存屋根は棟積み工法で、積み重なった瓦の隙間へ雨が吹き降り、雨漏りが発生していました。

 

改善策として、今回は棟瓦を1枚で収める工法で対応しました。

棟補強金具、樹脂たる木、フリーエアロール(乾式棟材テープ)を取付け、軽量・耐震化の効果も見込めます。

 

施工後直後に発生した大雨でも雨漏りの問題もなく、適正に工事が完了しました。

施主様からは安心して生活を送れると仰っておいただき、嬉しく感じました。

 

雨漏りでお悩みの方は是非、鶴弥屋根工事店までお気軽にお問合せください。

続きを読む

古い瓦屋根の台風対策はビスで補強を

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の永谷です。 

東海地方も夏本番となりましたが、体調はいかがですか。

  

さて例年8月に入ると台風の発生が増えてきて少し心配です。 

東海地方に近年直撃台風はありませんが、油断はできません。

  

続きを読む

鶴弥屋根工事店お客様口コミアンケート① 武豊町H様【化粧スレート→シングルCF】

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の宮村です。

今日はお客様の口コミアンケートをご紹介します。
実際に当店で屋根工事を発注されたお客様からのリアルな評判です
知多半島で屋根リフォーム・屋根工事をご検討の方はご覧ください。

お施主様:H様(60~70代男性)
場所:知多郡武豊町
工事内容:化粧スレート屋根からシングルCFへカバー工事

◆工事内容について

【仕上がり】
5.良かった 3.ふつう
それなりに変わった雰囲気になったが面と向かって見比べられないからはっきり言えない

【価格】5.良かった
・他社に比べたら安かったと思う

◆鶴弥スタッフについて

【対応】5.良かった
・対応が丁寧
【あいさつ・身だしなみ】5.良かった

◆その他ご意見など

・丁寧な仕事をしてくれたと思う

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

H様この度は工事ご依頼およびアンケートご協力いただき誠にありがとうございます。
仕上がりについて、あらためてリフォーム前後の写真を並べたものをノベルティと共にお送りします。

 

続きを読む

鶴弥屋根工事店 新入社員が感じた現場同行日記

 

こんにちは。新入社員の坂野です。

 

先週はとても暑く晴れが多くて梅雨が明けたと思ったのですが、今週は雨ばかりでじめじめしていますね。

皆さま、熱中症にお気を付けください。

 

7月4日から鶴弥屋根工事部門の研修に入り、先輩に同行してお客様へ見積書をお届けに行ったり、

模擬屋根がある検証室で瓦に釘を打ってみたり、、、と色々なことを経験しております。

 

実際に施工中の現場に行かせていただいた際には、鶴弥専属の職人さんにお会いしてお話を伺いました。

自分の仕事に誇りと責任をお持ちで、仕事が大好きというような大変素敵な職人さんでした。

 

また、お客様宅に同行の際、営業加藤からの見積書の説明が印象的でした。

漆喰のはがれがあったり雨漏りの心配があったり等、、お客様にとって必要不可欠なご提案だけといった印象を受けました。私がお客様側だったとしたら無理な営業はされないので安心して任せることができそうです。

 

些細なことでも大丈夫ですので、お家の屋根に気になる点等ございましたら、お気軽にご相談ください。

素敵な先輩や職人さんがお待ちしております。

 

拙い文章で恐縮ですが、最後までお読みくださり誠にありがとうございました。

 

続きを読む

劣化したカラーベストにカバー工法のご提案

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の永谷です。

 

梅雨入りして、天気の変動が激しいですが体調不良起こしていませんか。

知らず知らずに味の濃い美味なものを食べがちですが塩分取りすぎに注意しましょう。

 

今回はカラーベスト屋根のカバー工法を紹介します。

カラーベスト(化粧スレート)は屋根材表面の色落ちや、棟部の劣化による下地木材の腐りが発生することがあります。

しかし、カラーベストは部分的な修理が難しいため当社では既存屋根材を剝がさないカバー工法での屋根リフォーム工事を行っております。

下地にゴムアスルーフィングを、その上に天然石粒付鋼板屋根材レコルーフを増し張りします。

 

レコルーフはロング保証、製品は30年美観10年を保証します。

 

スレート屋根の色落ち等に悩まれている方、製品や工事について説明が聞きたいという方はお気軽にお問い合わせください。

ご希望に応じて、直接お宅へ伺ってのご説明も、メールでのご説明も承ります。

 

 

続きを読む

知多半島も梅雨入り!雨漏りのご相談は鶴弥屋根工事店までお気軽に

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の田中です。

 

いよいよ東海地方も14日に梅雨入りしましたね。

これから雨の日が多くなってきますと、住宅の天井や壁などに雨じみが出来ていたら、何処かに漏水しているサインです。

そのまま放置しないでお気軽にご連絡ください。

 

点検や調査いたします。お見積りまでは無料で承ります。

 

6/26(日)には知多半島全域に屋根リフォームチラシを折り込み予定です。

半田市中心に屋根のお悩み解決します。

 

続きを読む

鶴弥屋根工事店 担当スタッフのご紹介

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の宮村です。

 

今日は当店スタッフについてご紹介します。

 

「選ばれる理由」でもお伝えしている通り、鶴弥屋根工事店は、瓦メーカー「株式会社鶴弥」の屋根工事部門です。

 

メンバーには

・ハウスメーカー様から請け負った工事の施工管理をする者

・太陽光発電設置OB客様のアフターフォローをする者

・契約書作成等の事務処理を行う者 …などがいます。

 

そして、知多半島で屋根工事・リフォームをされるお客様は加藤という者が担当しております。

現場調査・お見積りご提出・現場監督など…お客様宅に直接伺うのは加藤のみの一貫担当制です。

どんな男性かというと…

 

続きを読む

梅雨シーズン前に…瓦と土を屋根から下ろします in美浜町

 

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の加藤です。

段々と気温も上がってきて暑くなりましたね。

 

現在、知多郡美浜町にて屋根葺き替え工事を着工しており、

これからの梅雨シーズンに備えて、一生懸命瓦を降ろしています。

 

瓦と土と、かなりの量が降ろされました。

職人さん、大変な作業ありがとうございます!

 

なんとかルーフィング(防水紙)も張り終えて、雨の心配は解消できました。

 

後は天気予報と向き合いながら工程を組んでいきたいと思います。

御施主様のためにも、早めにお引渡しができるように取り組んで参ります。

 

これからの梅雨シーズン、雨漏り対策や雨漏りでお困りの際はぜひお気軽にお問合せください!

 

続きを読む

屋根葺き替え工事と同じタイミングで!お住まいの改善お手伝い

 

 

こんにちは株式会社鶴弥の永谷です。

 

5月下旬になり夏日も増えてきましたね。

地球温暖化の影響か、東海地方は6月上旬には入梅になりそうです。

 

さて今回は屋根の葺き替えに付随してよく発生する工事を紹介します。

古い和風木造住宅では軒裏に張られたべニアの腐りや、破風板の劣化による修繕が発生します。

近年の住宅はそのような場所を新築時から金属鋼板などで納めて、将来手間いらずのようです。

鶴弥屋根工事店では破風板の劣化部分はカラー鋼板を張って修繕しております。

 

さらに厄介なのは太陽熱温水器です。

太陽熱温水器自体は熱効率も良く、夏場は水でぬるめないと風呂に入れないと聞くほど優れものですが、

使用年数が過ぎ使われなくなった温水器は瓦葺き替え工事では邪魔でしかありません。

弊社の瓦葺き替え工事では温水器の撤去も行っております。

 

土葺き屋根の軽量化、カラーベストのカバー工法など、リフォームの際、

ほかに気になるところがありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

続きを読む

屋根工事現場にて定期的な安全パトロールを

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の田中です。

 

弊社では、屋根工事品質向上の一環として、毎月現場パトロールを行っております。

普段の現場マナー向上や労働災害撲滅、職方さんの意識改革活動を実施し、

瓦の施工品質はもちろんの事、それ以外でも質の高い屋根工事を目指しております。

 

続きを読む

知多半島 屋根工事業者の選び方5つのポイント

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の宮村です。

 

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか。

私はおいしいものを食べてのびのびしすぎた反動で、仕事モードへの切り替えに難航しております(*_*)

1年で一番気持ち良い気候の5月はまだ半分残っているので、ときにリフレッシュしながら頑張っていきたいと思います!

 

本日は屋根修理業者選びについてご紹介します。

 

「屋根瓦が割れた/落ちたので修理したい…」「天井から雨漏りのシミが…」などお困りごとがあっても一体どこに頼めばいいのか?よく分からないからつい後回しになりがち…なんてこともあるのではないでしょうか。

そんなときに見たい、工事を依頼する屋根業者選びのポイントをまとめました。

 

 

続きを読む

半田市の屋根修理は、瓦メーカー直営屋根専門工事店の鶴弥まで

 

こんにちは

鶴弥屋根工事店の加藤です

4月に屋根リフォームの折り込みチラシを知多半島エリアで実施させて頂き、

ありがたいことに多数のお問合せを頂いております。

 

・土葺き工法の重い屋根が心配で屋根を軽くしたい

・スレート屋根材の劣化を何とかしたい、もう塗装はしたくない

・漆喰が落ちてきて不安

・天井が染みて雨漏りをしているようだけどよくわからない

 

等々、屋根に対してお悩みになられている方が沢山いるのだと実感しております。

 

一軒一軒、しっかりと確認と打ち合わせを進め、お悩み解消に向け取り組ませて頂きます。

 

小さな工事も承っております。

お気軽にお問い合わせください!

 

続きを読む

屋根裏・天井裏に断熱材追加で夏の熱気を和らげる

 

こんにちは。株式会社鶴弥の永谷です。

 

3回目のコロナ禍ゴールデンウイークをいかがお過ごしになりますか。

私は家庭菜園(プランター)で野菜造りの予定です。

 

さてさて前のブログで、「ガイドライン工法義務化で瓦屋根はどうなる?」を宮村さんが詳しく説明してくれました。

 

東海地方では1995年(平成7年)の阪神淡路大震災まで、屋根土を多く使う瓦工事が伝統工法として広く行われていました。

この屋根土と瓦を合わせると遮熱性があるため、天井裏に断熱材を備えない古い住宅が多く存在しています。

続きを読む

知多半島全域に屋根リフォーム工事チラシを折り込みます

 

こんにちは。鶴弥屋根工事店の田中です。

 

今週4月23日(土)に「屋根防災工事・屋根カバー工法」ご案内チラシを新聞折り込みします。

対象エリアは半田市、常滑市、知多市…など知多半島全域です。

 

屋根工事・屋根リフォームで耐震・減震・防災対策…

屋根点検で地震に備え…

折込チラシを見て気になった方は気兼ねなくご相談ください!

 

もちろん、無理な営業は行いません。

 

 

続きを読む

ガイドライン工法義務化で瓦屋根はどうなる?

 

こんにちは。株式会社鶴弥の宮村です。

 

4月がはじまりました。

新しい環境や年度初めで疲れやすい上にさらにここ数日は寒暖差や気圧の変化も激しくて毎日モヤモヤしますね。

忙しい時期ですが、体調崩さないようお体ご自愛ください。

 

さて、今日はガイドライン工法についてご紹介します。

 

2022年1月1日より屋根に関する法令が改正され、全ての瓦の留め付けが義務化されました。(瓦屋根標準設計・施工ガイドライン)

改正前→軒、袖(ケラバ)、棟といった、屋根の端のみの緊結でOK。

改正後→屋根にのった1枚1枚すべての瓦がくぎ又はねじでの緊結が必須。

 

 

 

続きを読む

古い瓦屋根の重い土をとり軽量化・防災化リフォーム in 美浜町 Part②

 

こんにちは!鶴弥屋根工事店の加藤です。

 

以前に投稿をした知多郡美浜町での葺き替え工事ですが、無事に工事を完了しております!

葺き替え工事は、特に天候に気を付けて進めていく必要がある為、正直大変な案件です。

しかし、工事を終えた時には達成感があり、形にしてくれた職人さんにも大感謝です!

最も、御施主様にご満足いただけたことが一番です。

「雨漏りが止まってよかった、強風で瓦が飛ぶ心配が無くなって安心」など有難いお言葉を頂きました。

 

今回は、スーパートライ110 タイプ1 銀鱗色に葺き替えをさせて頂きました。

全数釘打ちの防災工法です!これで安心して生活を送っていただけることでしょう。

 

N様、この度は工事依頼を頂きありがとうございました。

 

ご自宅が土葺き屋根で、重量や災害対策等でお悩みの方は是非!防災瓦への葺き替えをご検討ください!

その他、小さな修理でも承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい!

 

 

続きを読む

和風、洋風…どの外観タイプにも瓦は似合うの?

 

こんにちは。株式会社鶴弥の宮村です。

暖かい春分の日から一転、今日は寒いですね。

 

瓦屋根と外観デザインについてのみなさまの疑問をご紹介します。

屋根リフォームを検討されているお客様から「うちは和風(洋風)住宅だけど〇〇瓦は似合う?」という質問をいただくことがしばしばあります。〇〇には製品名が入ります。

 

ほとんどの場合、屋根瓦の色次第でどういったテイストの外観にも似合います!

また、瓦にしかない自然素材の風合いや厚みが、高級感のあるお住まいを演出してくれます…!

 

ケース①

「防災のためになるべく屋根を軽くしたい。軽量瓦のスーパートライ110サンレイは和風の家には似合わない?」

→ヨーロッパ風の赤い屋根のおうちといった可愛らしい印象が強いサンレイですが、黒・茶・銀の落ち着いた色味を選んでいただければ問題ございません。サンレイの波型は昔からある和風瓦(防災J形瓦エース)を感じさせる優しい形ですので和風住宅にもマッチします。凹凸のある華やかなデザインが和風住宅にも〇

 

 

続きを読む

知多半島で屋根工事のご相談は瓦メーカー鶴弥へ

 

こんにちは。

鶴弥屋根工事店の宮村です。

 

先日1月29日(土)に知多半島全域へ屋根工事リフォームチラシを新聞折り込みしました。

 

 

★表面は瓦屋根の葺き替え工事について…

 

 

 

続きを読む

鶴弥屋根工事店 2022年新年のご挨拶

 

こんにちは。

鶴弥屋根工事店の宮村です。

 

遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます。

今年こそは…よりお施主様のご参考になるHPへ改善をしたいです…します…!

時間はつくるもの、仕事のスピードをもっともっと上げていかないといけませんね。

1/29(土)には知多半島全域に屋根リフォームチラシを新聞に折込予定です。

施主様に伝わる内容とは何か考えぬいて…昨年5月折込時よりちょこちょこ内容を変えております。

HPにもアップするのでぜひご覧ください。

 

さて、特設サイト「KAWALIFE」(カワライフ)を公開しました!

続きを読む

鶴弥屋根工事店 2021年のお礼

 

こんにちは。

鶴弥屋根工事店の宮村です。

 

鶴弥工事店は2021年12月29日(水)~2022年1月5日(水)まで

年末年始休業とさせていただきます🎍

 

今年も多くのお施主様より屋根修理・屋根リフォーム・外壁塗装…のお仕事をいただき、誠にありがとうございます。

無料点検のお問い合わせや太陽光発電定期点検のご協力についても感謝申し上げます。いつもありがとうございます。

 

1年間変わらずコロナ渦でしたが、社員・専属職人ともに労災もなく、無事に2021年を結ぶことができました。

全員が健康でいられることが一番ありがたいです。

来年1月には知多半島全域に屋根リフォームチラシを新聞折込する予定です。

チラシを通して、施主様の快適で安全なくらしをつくる屋根の重要性お伝えできたらと思っております。

 

本年1年間は誠にありがとうございました。鶴弥工事店一同お礼申し上げます。

 

 

続きを読む

内装DIYはカンタン!でも外装リフォームは危険…

こんにちは。鶴弥屋根工事店の宮村です。

 

最近休日に家じゅうの壁をノボクリーンで塗り替えるのにハマっています。

・思いのほか簡単

・作業に没頭するので悩みを忘れる

・体を動かすので健康にいい

・塗料のきついにおいがほとんどない

・自分でやるのが楽しい

・きれいな壁になるのが嬉しい …といいことばかりです。

 

塗りの作業自体は楽しいですが、

・家具や、ペンキを塗らない部分に塗料がつかないようにするマスキング

・ペンキの吸い込みを防止するシーラー

この2つの作業は1番難しく、面倒で、時間がかかる箇所です。

ただ、この下準備をどれだけ丁寧にするかが全体の仕上がりを大きく左右します。

 

準備8割、仕事が2割とよく言いますがこんなところでも実感しました…!

今回下準備の重要性をあらためて体験したので仕事でもこれを忘れず毎日業務に励みたいと思います。

 

さて、内装の塗り替えは問題ありませんが外装のDIYは素人には難しいところです。

高さがあるのでなにより危険ですし、屋外は過酷な環境なので高い耐久性も求められます。

外壁のみならず、屋根の修理やリフォームも自分で行うのは

とても危険かつ技術が必要なので専門の屋根業者に依頼しましょう。

 

鶴弥屋根工事店では外壁塗装工事も、屋根工事も承っております。

お気軽にご相談くださいね。

 

続きを読む

古い瓦屋根の重い土をとり軽量化・防災化リフォーム in 美浜町

 

こんにちは!鶴弥屋根工事店の加藤です。

 

以前ご紹介した、知多郡美浜町の屋根葺き替えリフォーム工事の模様をお届けします。

 

既存屋根は土葺き屋根の為、文字通り土を使用して瓦が施工されています。

 

土の量もてんこ盛りで、2階部分の屋根だけで4.6トンもあり、職人さんには大変な思いをして土降ろし作業を進めて頂きました。

 

 

続きを読む

ボロボロと剥がれた軒天もきれいに丈夫に補修します! in 阿久比町

 

こんにちは!鶴弥屋根工事店の加藤です。

知多郡阿久比町にて、外装工事が着工しました。
工事内容は、軒天張り、雨樋交換、屋根漆喰補修、外壁塗装工事です。
今回は軒天についてご紹介します。
軒天とは、建物から出ている屋根の裏側の部分になります。
既存の化粧べニアが経年劣化により剥がれて垂れ下がり、下地が露出していました。
このままでは腐食が益々進み、建物の躯体まで被害が及ぶ可能性があります。
続きを読む

屋根雨漏りのお悩みを解決 in 碧南市

 

こんにちは!

鶴弥屋根工事店の加藤です。

 

碧南市にて雨漏りにお困りの方からお問い合わせを頂き、現場調査に伺いました。

 

小屋裏確認の後、棟部からの雨漏りを特定しました。

今回は棟を取り換えるご提案をさせて頂き、この度工事完了まで至りました。

 

お客様の不安を解消でき、とても嬉しく感じます。

ご安心して住まわれて頂けると幸いです。

 

当ブログをご覧の皆様も、屋根にお困りの際はお気軽にお問い合わせください。

 

続きを読む

地味だけど住まいを守る大事な屋根!後悔しない屋根材選び

こんにちは。鶴弥屋根工事店の宮村です。

 

鶴弥入社からX年経ちましたが…入社後に1番驚いたことはいろいろな形の瓦があることです。

瓦というと、昔ながらの波型の和風の形のイメージがありませんか?

私は完全にその固定観念があったので、すっきりフラットでシンプルな瓦や、

ヨーロッパ風のおしゃれな瓦があることにびっくりしました。

 

 

続きを読む

雨漏りのお悩み解決屋根リフォーム in 美浜町

こんにちは!

 

鶴弥屋根工事店の加藤です。

知多郡美浜町で屋根の葺き替え工事が着工しました。

 

和瓦(J形)から平板瓦(F形瓦)への葺き替えです。

 

今回、雨漏りにお悩みのお客様で、調査の結果、棟からの雨漏りと判明しました。

棟の修繕でもご提案しておりましたが、この際葺き替えてしまおう!とのことで

葺き替え工事着工に至りました。

 

台風シーズンに差し掛かっておりますので、安全に注意して取り組みます!

 

続きを読む 0 コメント

屋根のDIY工事は危険!屋根工事・リフォームは専門業者へ

こんにちは。

鶴弥屋根工事店の宮村です。

 

仕事中に、「屋根 リフォーム DIY」のサジェストが目に入りました。

近頃YouTubeでは屋根に限らずDIYやセルフリノベーションの動画が溢れているので、

「素人でもできるかも…?」とワクワクする方もいらっしゃると思います。

続きを読む

防災瓦へ屋根葺き替え工事 in 南知多町

 

こんにちは!

鶴弥屋根工事店の加藤です。

 

愛知県南知多町にて屋根葺き替え工事が完了しました。

今回は和瓦から平板瓦 スーパートライ110 タイプ1 アンティックブラウンS色への葺き替えです。

 

続きを読む

屋根リフォーム・屋根工事・外壁工事 対応エリア

 

愛知県内

知多半島(東海市、大府市、知多市、東浦町、阿久比町、半田市、常滑市、武豊町、美浜町、南知多町)

西三河(碧南市、刈谷市、西尾市、知立市、高浜市、豊明市、岡崎市)

名古屋市南部(名古屋市緑区)

 

株式会社鶴弥 公式ホームページ
株式会社鶴弥 公式ホームページ