雨漏りや結露の原因にも…ラバー工法にご注意を!in 東海市

 

こんにちは。

鶴弥 そらやねっと半田店の加藤です。

 

今回は雨漏りでお悩みの施主様からご依頼を頂き、

東海市へ現地確認に行って参りました。

 

既存の屋根材は土葺きの和瓦です。

下屋の壁際からの雨漏りの可能性が高いと思われます。

また、釘による固定がない為、

瓦同士をコーキングで固定するラバー工法が施されていました。

 

ラバー工法とは、ひと昔前に流行った施工方法です。

しかしラバー工法にはリスクもあり

・空気の抜け道が無くなり結露発生、屋根下地劣化の恐れ

・仮にも入ってしまった水の抜け道が無くなり雨漏りへ繋がる恐れ

・瓦同士を接着するため、部分的な補修が困難

等々挙げられます。

 

当時かかった費用はウン百万円とのことでビックリしました。

作業内容と比例していない金額なのは明確で、

施主様も認識されていました。

 

今回は葺き替えも検討されていたので、

土を使わない軽量防災瓦をご提案します。

 

梅雨明けしましたが、台風もやってくるこの季節、

皆様も普段あまり目を向ける事の少ない屋根を

確認してみてはいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

瓦同士をくっつけてしまうラバー工法は屋根の負担に…
瓦同士をくっつけてしまうラバー工法は屋根の負担に…
♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・
 
施工対応エリア
東海市、大府市、知多市、東浦町、阿久比町、半田市、常滑市、武豊町、美浜町、
南知多町、名古屋市緑区
碧南市、刈谷市、安城市、西尾市、知立市、高浜市、みよし市、幸田町、豊明市
♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・