屋根葺き替えで軽量化

こんにちは

そらやねっと半田店の加藤正司です。

 

屋根葺き替えの工事をしました。

土葺き工法の瓦から桟葺き工法の平板瓦への葺き替えです。

 

最初の写真は既存瓦を取り除いた後の葺き土です。

すごくいい仕事がしてあり、たっぷりと土が使ってありました。

2番目の写真は取り除いた瓦と土の廃棄伝票ですが、土だけでなんと7,770kgもありました。

120㎡ぐらいの屋根なので約65kg/㎡!

 

30年ぐらい前までは土葺き工法が主流でした。

焼き物である瓦のねじれを吸収しながら葺き上げる、まさに職人技です。

また、土壁と同様に断熱の役目も兼ねていると思われます。

 

近年では和風瓦・洋風瓦ともに桟葺き工法(4番目の写真のように横桟木に瓦を引掛ける)が主流となりました。

主な理由としては瓦の精度向上、工事の簡略化、軽量化などがあげられます。

 

今回の葺き替えでは、屋根の総重量は半分以下になりました。

桟葺き工法は野地板と瓦の間に空気層ができ断熱効果がありますが、

より断熱性を持たせるように天井裏に断熱材も入れました。

 

次回は瓦葺きから完成までをご紹介します。

屋根の事でご相談ありましたら、是非ご一報ください。

お待ちしています。