半田市太陽光発電 裏板補強例

こんにちは、太陽光発電・瓦防災工事のそらやねっと半田店 永谷です。

太陽光発電設置工事では屋根野地板の材質厚みが重要です。

パネル・フレーム下のアンカー部材を留める下地になるためです。

各メーカーおおむね同じで2階建住宅では構造用合板12ミリ以上が必要です。

住宅メーカーや築年数で屋根野地材が違い写真はOSB材です。

OSB材はビスの引き抜き強度が落ちますので、裏から補強板をあてて工事します。

 

太陽光発電・屋根リフォームはそらやねっと半田店 永谷までご相談ください。