太陽光発電は屋根材によって発電量が変わるってホント?!

そらやねっとの木村です。

先日そんなお問い合わせを頂きました。

詳しくお話を伺ってみると・・・

「業者の方から「瓦よりも板金などの金属屋根材の方が発電量が増えるので板金にした方がいい!」と強く勧められたのですが本当でしょうか?」とのこと。

結論から申し上げますと、屋根材によって発電量が変わる、特に金属系の屋根材の方が瓦に比べて発電量が増えると正式に謳っているメーカーはありません。

むしろ瓦の方が屋根の温度の上昇を抑えられる分だけ、熱に弱い太陽光パネルに優しい屋根材と言えます。

(決して私が瓦メーカの人間だから瓦をエコひいきしているわけではありません(^ ^))

今年度の補助金の締め切りや42円での売電契約お締め切りが近づいてきています。

この時期はあの手この手でお客様に契約を迫る悪い訪問販売の業者が動き出す時期です。

急ぎながらも焦らずに購入を検討していただくようお願いします。

 

お問い合わせはこちら

 

トップページへ戻る