一般的な施工の流れのご紹介

①ご相談・受付

②現地調査(無料点検)

③調査のご報告・ご提案

④ご契約

⑤施工

⑥完了確認

ここでは、瓦屋根葺き替え工事とスレート屋根カバー工事の流れを ご説明します。

瓦屋根葺き替えリフォーム工事の流れ

①既存瓦めくり

まず、古い瓦をめくり、屋根からおろします。

 

②土を撤去

屋根の土を全部降ろします。一般的な大きさの屋根でも、土の重さだけで

4トン程度あります。

 

③野地板取付け

野地板を増し張りして下地の補強を行います。

 

④ルーフィング取付け

破れにくく、釘穴シール性も優れているゴムアスルーフィングで

下地防水補強をします。

 

⑤瓦桟木取付け

瓦桟木は瓦を固定し、ズレ落ちないようにするための下地です。

瓦と野地板の間に空間ができるため、通気性がよく、

断熱性が高い点が土葺きと異なります。

 

⑥瓦葺き

地震・台風に強い「防災瓦」を使用します。

 

⑦断熱材の敷き詰め(オプション)

天井裏に断熱材を敷き詰めることで、エアコン効果がアップします。

 

⑧葺き替え完成

屋根をきれいにリフレッシュ!重量も半分以下に軽量化。

 

スレート屋根カバー工事の流れ

①既存の棟板金・笠木の撤去

既存の棟包板金と笠木を全て撤去します。

 

②ルーフィングと本体パネルの取付け

スレート屋根の上からルーフィング(防水シート)を貼り、

レコルーフを専用のパッキン付きビスで固定します。

 

③棟包み板金の取付け

棟部材も天然石の付いた棟包み鋼板をビスで固定します。

下地も高耐久で腐らないガルバリウム鋼板をビス固定します。

 

④カバー工法完成

高級感抜群、塗り替え不要、断熱性アップ、レコルーフの完成です。